毎月の返済が苦しくなってからのおまとめローンは手遅れ!

投稿者: | 2017-12-19

おまとめローンは、返済先の一本化、そして利息見直しによる総返済額の削減といった効果があります。

ですが、返済が厳しくなってからでは遅く、審査通過は厳しくなります。基本的におまとめローンに切り替わったとしても、毎月の返済額が大幅に減るものではありません。

返済期間の引き延ばしにより、毎月の返済額が下げられるケースがあるものの、総返済額が増えてしまいます。

おまとめローンの審査では、効率良く段階的に残高が減ることが重要視されるため、既に家計が破綻状態にあり、毎月の返済額だけを抑えようとしていては契約は困難です。

先ずは、返済が厳しくなる前に手続きをすませるのがポイントです。

また、既に返済が困難になりつつある場合は、おまとめローンではなく、債務整理を検討するのが重要です。

期間が長引くほど、将来的に個人信用情報の情報が抹消されるまでの期間が長くなり、金融商品の契約が難しくなります。